CUBA SD/HD/4K
 プレイアウト


PACE MediaのCUBA HDP(高解像度)プレイアウトサーバーは信頼できる24/7チャンネル一式がボックスプレイアウトシステムに入ったプロのビデオ放送局用に設計されたシステムです。

CUBA HDPはビデオ送出、オンエア・グラフィック、プレイリスト管理と転送管理を一つの強固で費用効率の高いサーバーソリューションに組み込んだものです。CUBA HDPはSD/HD/4Kのワークフローを扱い、SDIまたはUDPからのライブ映像をGPIのような外部トリガーと統合します。単純なチャンネル・ブランディングから複雑なオンエア・グラフィックまで様々なリアルタイム・グラフィックが作成できます。コーナーロゴ、ローワーサードやティッカーなど、手動更新またはRSSフィード、XMLデータソースや遠隔データベースで自動更新されるものも含まれます。


  • CUBAのコンセプト

CUBA HDPに搭載された易しいユーザーインターフェイスによって、放送局は番組送出の日時などの管理ができるようになり、放送中でも変更が加えられます。

CUBA HDPは使いやすい、スケジュールベースのインターフェースです。操作担当者はコンテンツの予定を数日前からあるいは何週間も前から組むことができます。その一方で従来型のリストビューを提供しメタデータも完全にサポートします。

CUBAプレイアウト管理は力のあるウェブベースのプラットフォームに依存しないツールです。プレイリストを計画しインポートすることやプレイアウトサーバーの監視をし、ランダウンに修正を加えることなどができます。操作担当者は、サーバーが世界中のどこにあっても、無限の数のプレイアウトサーバーを制御できるのです。

  • 力強いグラフィック

CUBA HDPのリアルタイムグラフィックエンジンは独立したグラフィック層を無制限に使用して複雑なグラフィックのレイアウトを作成することを可能にします。コーナーバグ(静止または連続画像)、クロール/ティッカー、時計、ローワーサード、DVE効果(プッシュバックなど)などで構成されるグラフィックテンプレートが統合レイアウトツールのCUBAクリエイターで簡単に作れます。

セカンダリーイベントを使ったCUBA HDPのリアルタイム機能は、プレイリストまたは外部ソースのデータを利用してグラフィックテンプレートを臨機応変に挿入することを可能にします。

CUBA HDPにはCUBA HDPの機能を拡張するこができるスクリプトAPIがついてきます。

  • プレイアウト管理

CUBAプレイアウト管理は力のあるウェブベースのプラットフォームに依存しないツールです。プレイリストの立案、インポート、プレイアウトサーバーの監視、ランダウンの操作などに必要な全ての機能を提供します。操作担当者は世界中のどこにサーバーがあっても、無制限の数のプレイアウトサーバーを制御できるのです。

CUBAのプレイアウト管理を使えば、プレイアウトサーバーへの自動ファイル転送を含む送出に必要な全てのコンテンツを簡単に把握できます。

CUBAプレイアウト管理はプレイリストとサーバーの遠隔制御と管理という独自の機能も提供するので、世界各地の送出センターの運用が可能になります。

  • 柔軟なアーキテクチャー

CUBA HDPは主要な放送ビデオファイルコンテナやQuickTimeのようなコーデック、MXF、H.264、MPEG-4、IMX、ProRes、DVCPROHD、XDCAMHD、DNxHD、HDVや非圧縮ビデオにも対応しています。 

ライブ入力オプションがあるCUBA HDPは、SDIビデオまたはUDPストリームソースからの入力を処理します。ライブ信号から出力へのミックス/切り替えはマニュアルまたはプレイリスト制御で行えます。CUBA HDPのDVE機能によってライブまたはファイルストリームのスケーリング、ピクチャーエフェクトの中での写真作成が可能になります。 

CUBA HDPは様々な出力オプションに対応します。最大4K解像度のSDI出力から、UDP、ASI出力まで選択が可能です。単一サーバー上で異なる出力を組み合わせることもできます。


主な機能

•    ボックスプレイアウトに24/7 チャンネル
•    HD/SD/4K ダウンスケール/アップスケール
•    PAL/NTSC 出力
•    マルチ解像度出力HD/SD
•    出力: SDI/UDP/ASI
•    ビデオプレビュー、オーディオVUメーター
•    混在プレイリスト(フォーマット、解像度)
•    送出制御:自動フォロー、絶対日付/時間、外部トリガー(DTMF/GPIO)
•    自動プレイリスト管理、プレイリスト監視フォルダー
•    プログラムランダウン内の隙間または重複を自動対処
•    ループランダウン
•    クリップのトリム
•    トリム機能付きクリッププレビュー
•    ファイル再生クロスフェード(ビデオ/オーディオ)
•    マルチチャンネルオーディオライブ入力と再生
•    オーディオミキシング
•    オーディオチャンネルルーティング

•    クローズド/オープンキャプション字幕
•    ビデオ動画フォーマットSDI/UDP
•    グラフィック: ロゴ、動きのあるロゴ、クロール、ロール、DVE、静止画、連続画像、文字、時計、移行
•    ファイル送出、ライブ入力用の3D DVE効果
•    DTMFトリガー
•    GPIO インターフェース
•    フルシステム冗長性の利用可
•    ロギング
•    複数のプレイアウトサーバー制御のためのインターフェースの監視
•    電子メール通知
•    アプリケーションログ、アズランログ
•    送出の自動再開開始
•    オンエアロック
•    スクリプトAPI (Javaスクリプト)
•    コーデック/コンテナ: DV、 DVストリーム、DVカム、HDV、 DVCPRO25/50、DVCPRO HD、IMX 30/40/50、XDCAM HD 422、Avid DNxHD、Quicktime Apple ProRes コーデック、 H.264、MPEG-4MXF OP1a, 8または10ビットの非圧縮ビデオ